ホーム ラクトバチルスSP発酵液とは?

ラクトバチルスSP発酵液とは?

株式会社カロッツェリアジャパンのバイオテクノロジー研究所(石川県金沢市)副所長 竹田和則は多種多様な効能を持つ微生物の魅力にとりつかれ 30年にわたって研究を続けてきました。
長年、微生物と同棲同然のつき合いをして来た竹田が遂に巡り会ったのが 新種乳酸菌(FERM ABP 10299 1996年発見) でした。

長い研究がもたらした発見は必然と云えば必然であったかも知れません。
乳酸菌にはもともと抗酸化、美白、抗炎症、抗菌、保湿、老化防止など様々な機能がありますが、この新種乳酸菌にはより高い機能が認められたのです。

更に新種乳酸菌と複数の酵母とを特殊な環境下で様々な培地(培養のエサ)を使って混合培養することによって乳酸菌や酵母の持っている単一の機能を はるかに超える能力を持つ培養液の開発に成功しました。

これがラクトバチルスSP発酵液でありまさに私達が探し求めたスーパー発酵と云えるものでした。
酵母や培地の組み合わせや環境を変えることで性格の違う発酵液が生成できることがわかり、現在迄にB1〜B19、E1〜E6の25種類の発酵液を開発済みで 今後の可能性も広く期待できます。
この不思議とも云えるラクトバチルスSP発酵液の有効成分の特定と、細胞への働きのメカニズム、未知成分の有無等について更に研究を続けて参ります。

ラクトバチルスSPイメージ

一例をご紹介しますと、 特に抗酸化、創傷治癒、抗炎症作用、保湿効果、抗菌効果、美白効果、美肌効果、美容効果、老化防止、血行促進、 紫外線緩和作用、抗癌効果、血糖値降下、色素軽減効果、肌荒れ・乾燥肌の改善効果、肌への抗炎効果 など



右記写真は、医者から処方されたステロイド剤を11年間塗布し続けたのにも関わらず改善がみられなかった部位に、 ラクトバチルスSP発酵液(B2原液) を塗布した際の経過写真となります。



■Yahoo!、Googleでの検索結果はこちらから


ラクトバチルスSP発酵液モニターテスト